アロマを使った温活

免疫力を上げるのに効果的な「温活」。体温を上昇させることで体の機能を高め健康や美容に役立ちます。そこで今回は、アロマを使った温活方法をご紹介したいと思います。



「温活」とは?

低くなってしまっている体温を、適正温度まで上げる活動のこと。基礎体温が1℃上昇することで体の機能や免疫力が高まり、風邪などの病気にかかりにくい体になるといわれています。


アロマテラピーの温活法

湿布法

湯で温めたタオルなどを身体の一部にあてる方法。皮膚の毛細血管が広がり、血液の循環が良くなります。


用意するもの

・精油 合計1~3滴

・洗面器

・フェイスタイル

使用方法

①洗面器に熱めの湯を半分程度はり、精油を1~3滴加える。(混ぜ合わせない)

②湯に浮いた精油をタオルの中央部ですくい取るように付着させる。

③精油が直接皮膚に付かないようにねじって水分を絞る。

④温めたい部位にあてる。

※精油によってはタオルに着色することがあるので注意すること。

※皮膚の弱い方は使用を控えること。


沐浴法

精油を入れた湯に全身または一部を浸ける方法。身体の芯から温まることができます。蒸気が全身を包み込み、保湿&美肌効果が期待できます。

全身浴法、半身浴法、手浴法、足浴法などがあります。


用意するもの(全身浴法)

・精油 合計1~5滴 … 一般的な浴槽(200ℓ)に対しての量とする。

・天然塩または植物油 大さじ2杯


使用方法

①天然塩や植物油などに精油を1~5滴を混ぜ合わせる。

②浴槽に湯をはり、先程の天然塩または植物油を加えてよくかき混ぜる。

③肩まで浸かるように入浴する。

※柑橘系やスパイス系の精油は皮膚刺激を感じることがあるため少量にして使用すること。

※皮膚に刺激を感じた場合は、すぐに洗い流す。

※乳幼児のお子様がいるご家庭では控えること。

※長時間の沐浴は注意して行うこと。


オススメのアロマ精油

冷え対策

ブラックペッパー … 力強い香りは心身を刺激し温めてくれます。

ゆず … 爽やかな柑橘系の香りは、心が穏やかになります。


睡眠対策

ラベンダー … フローラルで優雅な香りが気持ちを落ち着かせてくれます。

ベルガモット … フルーティーな香りがリラックス効果をもたらしてくれます。

ネロリ … お肌への刺激が少ないのでどの肌質の方でも使いやすい。